エプコット:フランス館の拡張工事、レミーのラタトゥイユ・アドベンチャー

Last updated:

3月16日にウォルトディズニーワールドがCovid 19対策の為で休園になってから、いくつもの拡張・新プロジェクトに大きな影響をもたらしました。ほとんどのプロジェクトの工事は再開していますが、このフランス館の拡張とレミーのラタトゥイユ・アドベンチャーに関しては完成へ着実に近づいています。

今回は、この拡張工事とアトラクションについてです。

このエリア入り口付近は、前回のレポ”エプコット:フランス館の拡張工事、照明器具やベンチが設置されました!”からはあまり変化が見られません。

パリジャン通りには、ベンチや電灯などが設置され完成間近です。

エントランスと通りレミーのラタトゥイユ・アドベンチャーに抜ける道にはまだいくつかの機材が残されています。建物の外観工事がまだ残っているようです。

ラクレープリエドパリ(La Creperie de Paris)が入る建物では、よりフランス感を出すための細かい装飾が追加されます。

メイン通りは、ラタトゥイユ・アドベンチャーへ向かう道となり、サイドには木が植えられました。これから細い装飾が施されます。

通りの奥には、レミーのコートヤードがあり、そこには噴水が設置されます。バルコニーの手すりと、ゲートが最近追加されました。 また、のレミーのラタトゥイユアドベンチャーの入り口の右側の屋根の工事がまだ完了していません。

最後に、野外キューラインです。このアトラクションのキューラインは長くなることを見越して外にも屋根付きのキューラインがあります。レールなどはまだ取り付け終わっていないようです。

2020年内にこのフランス館拡張とレミーのアトラクションがオープンできるといいですね。それとも新いクレープ屋の方が楽しみですか?

 

ディズニーワールドや世界のディズニーの最新ニュースはWDWNTから

YouTubeインスタグラムFacebookTwitterもぜひフォローしてください!