ボブアイガー:ニューサムの経済回復タスクフォースから脱退

Last updated:

ウォルトディズニーカンパニーの快調であるボブアイガー氏が、ニューサムの経済回復タスクフォースから脱退することになりました。

The Sacramento Bee:によると

現地時間木曜日の夜に、ウォルトディズニーカンパニーの快調であるボブアイガー氏が、ニューサムの経済回復タスクフォースから脱退することになりました。とディズニーの広報担当者より発表がありました。

広報担当者からは、何故タスクフォースより脱退したのかについては発表されませんでした。ですが、ニューサムより、テーマパークの再開に関するガイダンスを発表する準備をしているタイミングでの発表でした。

ですが、現地時間の昨日、カリフォルニア州は、テーマパーク再開についてのガイドラインを今週中に発表するとのことですが、ディズニーランド再開はその発表に含まれないとのこと。カリフォルニア・アトラクション・アンド・パーク・アソシエーションは、ディズニーランドの再開プランを決定しないように州当局に要請しました。公式にガイドラインを発行する前に、パーク運営者と協議し、特定のプロトコルを見直すとの判断をくだしました。

 

 

ガイドラインはカウンティーによって異なり、誰がパークへ行けるかなどの制限がかけられるかもしれません。それは、州内でも距離による制限なのか、州外からの制限なのかはわかりません。

パークはガイドラインの概要を確認する機会を与えられたようでしたが、”合理的な”再開計画についてのメモを見ても、過度に制限されたガイドラインであるとしか捉えられず、満足できません。ガイドラインは、郡によって異なり、どのゲストがパークへ行かれるかなどといった制限付きも想定され、長距離、または州外からのゲストを思いとどまらせることでしょう。

 

水曜日に、ディズニーパークス:COVID-19の影響で28,000人のキャストメンバーれレイオフを発表が行われたばかりの出来事でした。

 

ディズニーワールドや世界のディズニーの最新ニュースはWDWNTから

YouTubeインスタグラムFacebookTwitterもぜひフォローしてください!