ディズニーパークス:COVID-19の影響で28,000人のキャストメンバーれレイオフを発表

Last updated:

ウォルトディズニーとディズニーランドリゾートでは、約28,000人のキャストメンバーの大型一時解雇が行われたと発表されました。ディズニーは、COVID-19によるビジネスへの長期的な影響、そしてディズニーランドの再開園の見通しのない現状が、最終的にこの決定につながったと述べています。 以下は、ディズニーパークス会長のジョシュダマロの声明です。

ejg_oicumaaqmal-7538458

引用Disney Parks:

COVID-19が長期にわたりディズニーの運営に影響を及ぼしています。それは、物理的な距離を維ための入園者数制限、このパンデミックがいつ終わるかわからないなど。カリフォルニア州では、州がディズニーランド再開園を可能にする制限を解除しない。などの理由から、私たちは、パーク内の労働力を削減するプロセスを開始しなければならないという非常に難しい決定を下しました。4月以降、非就労のキャストメンバーを一時解雇し、ヘルスケアの特典を支払いました。 約28,000人の家事労働者が影響を受け、そのうち約67%がパートタイムです。 私たちは、影響を受けた従業員や、組合を代表するキャストメンバーの次のステップについて組合と話し合っています。

 

 

ディズニーワールドや世界のディズニーの最新ニュースはWDWNTから

YouTubeインスタグラムFacebookTwitterもぜひフォローしてください!