オレンジカウンティー:パンデミックは減少傾向にある。ウォルトディズニーワールド関連での集団感染は無いとコメント

Last updated:

ディズニーファンはパークへ行きたくてたまらない中、夏初めに比べCOVID-19の感染者が減少傾向にあります。

Guests enjoy mild crowds in the afternoons at Disney’s Hollywood Studios.

オーランドセンチネルによると、オレンジ郡の当局者は、陽性率と入院率の減少、6週間連続で新規感染者の減少、この2ヶ月間で陽性率は7.58%と過去最低。陽性率は2週間で10%未満に留まり、5%まで下げるのが新しい目標です。

オレンジ郡の当局者のDr.ラウルピノは、”オレンジカウンティー内でのパンデミックは減少傾向にある”。また、ウォルトディズニーワールドなどのテーマパークでの関連での集団感染は無い。いくつかのケースに関しても、テーマパークが感染の原因では無いとコメントしました。

また、センチネルは、集団感染は、隣接するオセオラ郡内の小規模な職場や長期ケア施設で発見されています。これは主に、感染者が職場へ行って同僚などに移してしまったものだと考えられます。州の保健担当官は、感染者数を減らす為に、手洗い、社会的距離、マスクの重要性を強調しています。

引用: Orlando Sentinel

ディズニーワールドや世界のディズニーの最新ニュースはWDWNTから

YouTubeインスタグラムFacebookTwitterもぜひフォローしてください!